亀岡市役所

亀岡市役所

 プラスチックごみの削減を目指し、京都府亀岡市が市内のスーパーや商店など全事業者を対象にプラ製レジ袋の提供を全面禁止する全国初の条例案が24日、市議会で可決、成立した。来年1月1日に施行され、同6月1日からは違反店舗を公表する「罰則」が適用される。

 市内を流れる保津川や海を汚染するプラごみ削減の第一歩として、市民の日常生活に身近なレジ袋の提供を条例で禁止し、プラ製品の利便性に依存してきた生活を見直す。

 レジ袋をめぐっては、国が7月から有料化を始める予定だが、亀岡市の条例はさらに踏み込んだ。小売店やコンビニ、露天商を含む全ての事業者が対象で、商品の運搬を目的とするプラ製の袋は有償無償に関わらず提供を禁じ、紙袋など水と土に溶ける生分解性の袋は有料化を義務付ける。

 市の是正勧告に従わない違反店舗については事業者名を公表できるとした。受け取った買い物客への罰則はないが、店舗を利用する市民や観光客にはエコバッグ持参などで市の取り組みに協力を求める。

 レジ袋禁止について、市民の間には賛同の声が一定ある一方、商業者らを中心に強い不安も上がっている。市は当初、条例の8月施行、来年4月からの罰則適用を目指したが、市議会の議論を踏まえて、施行日を当初案から5カ月先延ばしにした。可決後、桂川孝裕市長は「全国初の条例を全会派が賛同して制定できたことに大きな意義がある。亀岡の前例が推進力になり、全国に広がることを期待する」と述べた。