松尾祭で、神輿を担ぎ川に入る氏子ら(2019年4月、京都市右京区・桂大橋東詰から)

松尾祭で、神輿を担ぎ川に入る氏子ら(2019年4月、京都市右京区・桂大橋東詰から)

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、京都市内の神社が相次いで春祭りの変更や中止を決めている。大勢の参加者でごった返す神輿渡御(みこしとぎょ)や行列の巡行を中止する一方、飾り付けた神輿を境内に安置する「居祭(いまつり)」を行ったり、唐櫃(からびつ)での巡行に切り替えたりするなど、工夫を凝らして祭礼の季節を迎える神社もある。
 

 長い歴史を持つ祭りも多く、本殿などでの神事は例年通り行う神社が大半。伏見区の伏見稲荷大社は4月19日に始まる稲荷祭で、南区の御旅所への神輿渡御を中止する。代わりに、今年は「居祭稲荷祭」として、飾り付けた神輿5基を4月12日~5月4日まで境内の外拝殿に置く。
 
 西京区の松尾大社も、4月26日の松尾祭の神幸祭で、神輿渡御を行わないことにした。船に乗せられた神輿が桂川を渡る場面で知られるが、今年は神霊をまつった唐櫃を車で御旅所まで運ぶ。5月17日の還幸祭については現時点では未定という。
 
 北区の平野神社は桜の季節に合わせて行う「桜花祭」で、時代衣装姿の氏子らが地元を練り歩く神幸列の巡行を取りやめた。
 
 同区の玄武神社は、毎年4月第2日曜に行う「玄武やすらい祭」の中止を決めている。総代ら関係者全員の総意といい、椙本貴子宮司(56)は「今年は私が1人で神事を執り行い、皆さんの健康や平安、コロナウイルス感染の早期収束を祈りたい」と話している。