京都大医学部付属病院

京都大医学部付属病院

 京都大医学部付属病院は25日、iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った血小板を血液の難病「再生不良性貧血」の患者に投与したと発表した。経過観察して、副作用の有無などを確認する。

 臨床研究として実施した。投与の対象は、血小板など血液成分が減少する「再生不良性貧血」のうち、拒絶反応を引き起こしやすく他人からの輸血ができないタイプの患者1人。患者本人の細胞から作ったiPS細胞から血小板を作り、3回に分けて患者に輸血した。