製作したマスクを持つコ・クチュールのメンバーら(与謝野町岩滝)

製作したマスクを持つコ・クチュールのメンバーら(与謝野町岩滝)

 新型コロナウイルスの影響でマスクが不足する中、子育て世代を中心に活動する京都府与謝野町の裁縫グループ「コ・クチュール」が、町特産の丹後ちりめんを使ったマスクを製作した。これまでに60枚を同町に寄付。町から届けられた高齢者福祉施設は「シルクは肌に優しく保湿性もある。長く使っていきたい」と喜んでいる。

 同グループは、2015年に設立。丹後地域の15人が、週1日から3日集まり、子供服などを作っている。
 マスクの製作は、子育てをしながらでも地域に貢献したいとメンバーが発案、3月上旬から取り組んだ。丹後ちりめんのはぎれを使い、1枚ずつ手作り。町に寄贈し、17日までに町内6事業者に提供された。
 町内で高齢者向け介護サービスを提供するNPO法人「丹後福祉応援団」はマスク20枚を受け取った。同法人では使い捨てマスクの納入見込みが立たず、備蓄品を使用しているといい、三井真里理事長(61)は「ゴールが見えず、いつまで続くのか不安」と漏らす。そうした中での提供に「使い捨てではなく、洗って繰り返し使えるのでありがたい」と喜んだ。
 小西彩代表(38)は「役立っていると聞いてうれしい。他の市町からも要請があれば、子育てと両立して製作を続けたい」と話した。