滋賀県庁

滋賀県庁

 滋賀県は26日、野洲市在住の60代無職女性から新型コロナウイルスが検出されたと発表した。発熱はあるが肺炎症状はなく、県内の指定医療機関に入院している。県内での感染確認は6人目。

 県によると、女性は10日に出国してポルトガル、スペインを旅行し、17日に関西空港からJR線で帰宅した。18日夜に37度台の発熱やせき、呼吸困難、頭痛、下半身のだるさを感じ、23日に徒歩で同市内の医療機関を受診。25日に帰国者・接触者相談センターに連絡し、26日にウイルス検査で陽性反応が出た。この間、買い物以外はほとんど自宅で過ごしたという。
 県は、女性と一緒に旅行した同居人の60代男性会社員を濃厚接触者として検査する。