高齢者らの買い物支援や見守り活動を行う移動スーパー「とくし丸」(京都市北区・エムジー西賀茂店)

高齢者らの買い物支援や見守り活動を行う移動スーパー「とくし丸」(京都市北区・エムジー西賀茂店)

 京都市内でスーパーを展開する「エムジー」(本社・左京区)は26日、移動スーパーの営業を始めた。高齢者らの買い物支援と見守り活動を担う。

 全国で約500台の移動スーパーを手掛ける徳島県の会社と連携。軽トラックに生鮮食品や日用品など約400品を積んだ「とくし丸」1台を、京都市内で初めて運用する。

 販売エリアは西賀茂上賀茂、雲ケ畑、静市など市内北部の地域。販売エリアを3コースに分け、週2回のペースで希望者宅を巡回する。価格は、店頭価格より1品当たり10円高く設定している。

 この日、西賀茂店(北区)で出発式があり、大西雷三社長(60)は「すぐ来てほしいという声が多く、期待の大きさを感じている」とあいさつした。

 北区高齢すこやかステーション事業にも登録しており、高齢者の見守り活動も行う。