【資料写真】日本電産本社(京都市南区)

【資料写真】日本電産本社(京都市南区)

 日本電産は26日、車載部品子会社、日本電産モビリティ(愛知県小牧市)の社員3人が相次いで新型コロナウイルスに感染したことを受け、同社本社を4月6日まで閉じると発表した。社内外の感染拡大を防ぐため、事業所閉鎖に踏み切る。

 従業員の新型コロナウイルス感染を受けて拠点を閉鎖するのは、京都、滋賀の大手上場企業では初となる。

 同社では今月23日に営業職の40代男性の感染が判明。25日には同じオフィスで働く管理部門の50代と40代の男性2人の感染も確認された。3人はともに入院中で、重症化はしていないという。

 社内感染が疑われるため、約500人が働く小牧市の本社ビルを25日に閉鎖。他の社員は在宅勤務などで業務を続ける。日本電産は濃厚接触者の特定を進め、対象者の健康状態を観察する方針。