宇高通成さん

宇高通成さん

 金剛流能楽師シテ方として京都を拠点に活躍した宇高通成(うだか・みちしげ)さんが28日午前0時49分、悪性リンパ腫のため京都市内の自宅で死去した。72歳。京都市出身。葬儀・告別式は近親者で行う。喪主は長男竜成(たつしげ)氏。


 1960年に京都の金剛宗家(二世金剛巌)に入門。70年に独立し、秘曲や難曲を披露する「能を楽しむ会」を長年主宰。85年に国際能楽研究会を設立し、外国籍の能楽師を育成。世界平和を祈る新作能「原子雲」などを海外で披露した。今年1月には、能楽の発展に尽くしたとして法政大の「催花賞」を受けた。