無罪判決を受け、支援者らに報告する西山さん(大津市)

無罪判決を受け、支援者らに報告する西山さん(大津市)

 滋賀県東近江市の湖東記念病院で2003年、男性患者の人工呼吸器を外して死亡させたとして殺人罪で懲役12年が確定し、服役した元看護助手西山美香さん(40)の裁判をやり直す再審の判決公判が31日、大津地裁で開かれ、大西直樹裁判長は無罪を言い渡した。逮捕から約16年ぶりに西山さんの名誉が回復された。

 大西裁判長は「これまで辛い思いをされてきましたが、もう西山さんは嘘をつく必要はありません。これまで裁判を通して支えてくれる人に出会いました。これからは自分を大切に生きて下さい。きょうがその第一歩となることを願っています」と締めくくった。
閉廷後、西山さんは涙をぬぐい、裁判長にむかって「ありがとう」と話した。