再審無罪判決を受け、支援者らに報告する西山さん(31日午後0時18分、大津市京町3丁目・大津地裁前)

再審無罪判決を受け、支援者らに報告する西山さん(31日午後0時18分、大津市京町3丁目・大津地裁前)

 滋賀県東近江市の湖東記念病院で2003年、男性患者の人工呼吸器を外して死亡させたとして殺人罪で懲役12年が確定し、服役した元看護助手西山美香さん(40)の裁判をやり直す再審の判決公判が31日、大津地裁で開かれ、大西直樹裁判長は無罪を言い渡した。逮捕から約16年ぶりに西山さんの名誉が回復された。

 閉廷後、西山さんは支援者に囲まれながら「皆さんのおかげで無罪判決をもらいました。最後に裁判長がこれから普通の女性として過ごしていってくださいと涙ながらに言ってくれて本当にうれしかったです。ここまで来られたのも皆さんのおかげです。ありがとうございました」と声を震わせながら話した。