支援者らに無罪判決を報告する西山さん(大津地裁前)

支援者らに無罪判決を報告する西山さん(大津地裁前)

 滋賀県東近江市の湖東記念病院で2003年、男性患者の人工呼吸器を外して死亡させたとして殺人罪で懲役12年が確定し、服役した元看護助手西山美香さん(40)の裁判をやり直す再審の判決公判が31日、大津地裁で開かれ、大西直樹裁判長は無罪を言い渡した。逮捕から約16年ぶりに西山さんの名誉が回復された。

 無罪判決を受け、弁護団は声明を発表し、判決の内容を評価するとともに「警察、検察、裁判所は猛省し、西山さんに謝罪すべき」と求めた。
 声明は、今回の判決の根拠に「たん詰まりによる酸素供給低下状態で心臓停止したことも十分に考えられる」という鑑定医の見解を記載した捜査報告書の存在を挙げ、「この証拠が(西山さんを有罪とした)確定審で開示されていれば、その段階で無罪判決がなされていたことは確実」と指摘した。自白調書の任意性や信用性も明確に否定されたとして「事件のないところに事件を作り上げた」と捜査手法を批判した。
 西山さんが刑務所で13年間過ごしたことにも触れ、「ようやく殺人犯の汚名は晴らされたが、失われた年月が西山さんに戻ることはない」として、検察に対し、控訴権を放棄し、無罪判決を確定させるよう強く要求した。