京都弁護士会や佐々木酒造が共同企画したオリジナル日本酒「憲法と人権」

京都弁護士会や佐々木酒造が共同企画したオリジナル日本酒「憲法と人権」

 京都弁護士会や佐々木酒造(京都市上京区)が共同企画したオリジナル日本酒「憲法と人権」が今冬も京都市内の酒店で販売されている。

 2005年に誕生し、毎年約千本を醸造する。後味のよい「大吟醸」、爽やかな味わいの「しぼりたて新酒」、程よい酸味の「吟醸あらばしり」の3種。四合瓶と一升瓶があり、約千~5千円。

 京都弁護士協同組合は「憲法と人権を身近なものとして考えるきっかけに一献を傾けて」と話している。販売は中京区の酒店富屋本店075(231)0561。