【資料写真】島津製作所(京都市中京区)

【資料写真】島津製作所(京都市中京区)

 島津製作所は1日、京都市中京区の本社で勤務していた従業員1人が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。3月27日から自宅療養し、31日に感染が確認された。

 同社は、市保健福祉局と連絡を取って指示を受け、対応を進めている。感染した従業員と同じ建物で勤務していた約500人と、濃厚接触の可能性のある従業員を4月1日から14日間の在宅勤務とする措置を取り、健康状態を確認しているという。濃厚接触者については不要不急の外出禁止も求めている。

 また、オフィスや食堂などを消毒したほか、入社式や主要な会社行事を中止または延期した。

 同社はこれまで感染予防対策として、出張を原則禁止とし、社の内外で開かれる会議は原則としてインターネットを使って行っていた。可能な範囲での在宅勤務や時差出勤を求めるとともに、私的旅行の自粛も勧告していた。