三井住友銀行の円町支店(京都市中京区)

三井住友銀行の円町支店(京都市中京区)

三井住友銀行円町支店に掲示された貼り紙

三井住友銀行円町支店に掲示された貼り紙

 三井住友銀行は2日、京都市中京区の円町支店で勤務する行員1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。個人向けに資産運用などの相談業務を担当しており、濃厚接触の可能性がある顧客がいるかどうかを調査している。円町支店は1日夜に消毒を行い、2日は一部窓口を減らすなどして通常通り営業している。

 行員は3月23日夜に帰宅後、発熱。24日朝に体調不良で早退して以降、出社しておらず、4月1日に感染が判明した。24日はマスクを着用して勤務していた。
 三井住友銀によると、行員に最近の海外への渡航歴はない。同支店や近隣支店の従業員12人が濃厚接触者として特定されており、現在は自宅待機を指示しているという。