京都府庁

京都府庁

 京都産業大(京都市北区)の学生に端を発した新型コロナウイルスの感染拡大について、京都府と京都市は2日、府内で新たに小学生の男児を含む男女10人の陽性が判明したと発表した。いずれも無症状か軽症という。他府県にまたがった京産大生を巡る感染者は50人を超えている。


 3月21日に京都市内であった卒業祝賀会に参加して陽性だった男子学生が、22日に学内サークルの懇親会に参加していたことが新たに分かった。約40人の学生が参加しており、20代の男子学生1人の感染が確認された。市によると、懇親会は個室の居酒屋で催され、多くの参加者の居住地など詳細は不明という。新たな感染者集団(クラスター)発生の恐れがあるとして疫学調査を進めている。
 卒業祝賀会の関連では、20代の女子学生2人と同大学生の友人で20代のアルバイト女性が感染した。
 京産大生が参加して23日に京都府井手町で開かれた交流会の関係者でも感染が拡大している。出席していた同町役場職員の30代男性が感染し、別の出席者らの同居家族計5人が陽性と分かった。内訳は男子児童と男子中学生、40代女性、70代女性、60代男性だった。男性は府土地開発公社の職員で、同公社は事務所を置く府庁西別館(京都市上京区)の一室を3~12日、閉鎖する。
 他には京産大関連とは別に京都市の50代男性と80代女性の陽性が判明した。
 府内の感染者は2日午後9時半現在で、88人になった。