京都府庁

京都府庁

 京都府と京都市は3日、府内で新たに18人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1月30日に初めての感染者が確認されて以降、府内では106人に達し、2カ月余りで100人を超えた。1日に判明した感染者数も過去最多となった。

 府内では京都産業大(京都市北区)の学生を起点とした感染者集団(クラスター)の関連が中心となっている。感染した学生らが参加したゼミなどの懇親会や京都府井手町での職員らとの交流会により、広がっているとみられる。

 府によると、この日は3月19日の懇親会に参加した女性の家族で同居する50代母親と20代の姉妹2人の感染が確認された。23日に井手町で京産大生と接触した男性の40代妻と同僚の40代女性2人も陽性だった。

 他に宇治市の50代女性の感染が明らかになったが、感染ルートは分かっていない。

 京都市では11人が陽性だった。

 府の西脇隆俊知事と京都市の門川大作市長は2日の緊急記者会見で、当面の間は患者が急増している首都圏、阪神圏への不要不急の往来や人混みが予想される場所への外出などを自粛するよう府民に要請している。