三菱京都病院(京都市西京区)

三菱京都病院(京都市西京区)

 京都府は4日、府内で新型コロナウイルスの感染者を新たに3人確認したと発表した。このうち2人は、同ウイルスに感染していた京都産業大生が参加して3月23日に井手町で開かれた交流会出席者の家族。また、京都市も、三菱京都病院(西京区)の男性医師や市消防局の職員ら感染者7人を新たに確認したと発表した。10人はいずれも軽症という。府内の感染者は計116人になった。

 府が発表した新たな感染者は、井手町の60代男性と50代女性の夫婦で、交流会に出席して感染した町職員の両親という。もう1人は、木津川市の60代男性。電子部品製造会社「ニチコン草津」(滋賀県草津市)で感染した従業員の接触者という。府は男性と同居する家族3人も調査する。

 三菱京都病院はホームページで、感染した医師が診療した患者には病院から個別に連絡をとっているとし、さらに、5~7日は救急や外来診療、人間ドック、新規入院患者の受け入れを中止すると発表した。入院患者には感染管理対策を実施した上で診療を継続するが、入院患者への面会は原則禁止するとしている。