御朱印を持つ上田住職とイラストをデザインした妻の慶子さん(京都府福知山市堀・繁昌院)

御朱印を持つ上田住職とイラストをデザインした妻の慶子さん(京都府福知山市堀・繁昌院)

 京都府福知山市堀の繁昌院で、NHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」を記念して作った御朱印が人気を呼んでいる。多くの人に福知山を知ってもらうきっかけになればと制作。主人公の明智光秀などを描いたイラストがかわいいと、参拝者から好評を得ている。

 御朱印は縦17センチ、横22センチ。イラストには、手を合わせた光秀と同寺のお地蔵さん、福知山城のほか、明智家の家紋に用いられたキキョウをあしらう。上田希真住職(34)の妻慶子さん(28)がデザインし、光秀が同寺にお参りに来たイメージで、「親しみやすいように」とかわいらしいタッチで描いた。
 1月19日の大河ドラマの初回放映後に販売を始めた。それまでほとんど参拝者はいなかったが、近畿を中心に、関東や中部など遠方からも参拝者が訪れるようになり、これまで100人余りに授与した。会員制交流サイト(SNS)に画像をアップする人もいるといい、インターネット上の情報で知って来る人が多いという。
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で3月に入ってからは参拝者は減ったが、上田住職は「感染が早く収まり、また福知山が盛り上がってほしい」と話している。
 御朱印帳への押印は行っておらず、1枚用紙での授与のみ。千円。