滋賀県庁

滋賀県庁

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、滋賀県教育委員会は6日、県内の学校の大半が8日に再開するのを前に、学校に行かずに自宅待機をしても欠席扱いにしないなど、出欠の取り扱いや部活動に関する注意事項を各県立学校や市町教委に通知した。

 通知によると、感染拡大防止の観点から児童生徒が自宅待機を申し出た場合、「出席停止」の扱いとし、欠席として扱わないことができるとした。

 部活動は、少なくとも5月6日まで校内での活動のみに限定し、合宿や遠征、県内外の他校との合同練習や演奏会などは中止か延期するよう変更を求めた。また登下校の時間は、始業時間を遅らせたり、学年ごとに登下校の時間をずらしたりするほか、授業時間も短縮するよう各校に工夫してもらう。

 特別支援学校に通う児童生徒の登下校時の送迎については、可能な限り保護者らに自家用車で行ってもらい、ガソリン代などの必要な交通費は、特別支援教育就学奨励費の対象とするという。