南丹市役所

南丹市役所

 京都府南丹市の市教育委員会は7日、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、新学期が始まる8日から22日まで市立小中学校を臨時休校にすることを決めた。

 府内での感染拡大や京都府亀岡市で感染者が確認されたことなどを受けての措置。感染者数の推移は2週間前の状況を反映しているとされることから、休みを2週間延ばすことにした。同市教委は「子どもの健康と安全を考えてのこと」としている。
 8日の小中学校の始業式と9日の小学校の入学式、10日の中学校の入学式は規模を縮小して行う。放課後児童クラブ(学童保育)は従来通り市内7カ所で月~土曜の午前8時半~午後6時半に開く。
 京都府京丹波町の町教育委員会も同日、13日から26日まで町立小中学校を臨時休校にするとした。8日の小中学校の始業式と9日の小学校の入学式、10日の入学式は規模を縮小する。
 南丹市と同様に休みは2週間としたが、「学習面と生活面の指導をするため」(同町教委)として10日までの3日間は各校の判断になるが、生徒児童は原則、午前中のみ登校する予定。
 また、これまでの休校措置に含まれなかった須知幼稚園も休園する。学童保育はこれまで通り市内3カ所で月~金曜の午前8時半~午後6時に開設する。