京都大医学部付属病院(京都市左京区)

京都大医学部付属病院(京都市左京区)

 京都大医学部付属病院(京都市左京区)に4月から配属された研修医95人のうち6割に当たる57人が、新型コロナウイルス感染予防のため飲酒を伴う会食などを禁じた病院の方針に反したとして自宅待機となっていることが7日分かった。研修医以外も職員38人が同様の状況になっている。同病院は「患者さんに安全な医療を受けていただくための必要な措置。現時点で診療に支障は生じていない」としている。

 同病院などによると、3月の段階で4月から働く研修医らに対し、参加人数にかかわらず飲酒を伴う会食などの自粛方針を伝えたが、違反すると自宅待機にすることは決まっていなかった。その後、全国で研修医の新型コロナウイルスへの感染が問題となっていることを踏まえ、同病院として自宅待機を決定したという。

 7日時点で診療機能の抑制は行われていないが、手術の一部停止などを容認しているという。

 医療者の感染を巡っては、慶応大病院(東京都)で初期研修医の新型コロナウイルスの集団感染が発生している。