近江八幡市役所

近江八幡市役所

 滋賀県近江八幡市は8日、市内の小学校8校、幼稚園7園で2月26日に提供された給食に、ナイフの刃先1個(縦2ミリ、横1ミリ)が混入していた可能性があると発表した。刃先は見つかっていないが、健康被害の報告はないという。

 市によると、2月25日、市が調理を委託する東洋食品滋賀支店の調理担当者が、トマトスープ煮に使うタマネギを下処理した後、ナイフの刃先が欠けていたことに気付いたが、そのまま3570人分の給食を提供したという。

 今月初め、県教育委員会などに投書があり、発覚した。同支店の男性責任者(32)が市に報告していなかった。

 市の日岡昇教育長は「異物混入に細心の注意を払い、再発防止に努める」とした。