京都市とパリの友情盟約締結60周年を記念したポスター展(京都市左京区・市国際交流会館)

京都市とパリの友情盟約締結60周年を記念したポスター展(京都市左京区・市国際交流会館)

 京都市とフランス・パリの友情盟約締結60周年を記念したポスター展が、京都市左京区の市国際交流会館で開かれている。これまでの歩みをたどるオリジナルポスターが両都市の友好を伝えている。

 京都とパリは1958年に盟約を結んだ。文化や環境、都市政策といった幅広い分野での交流を続けている。ポスターは節目の年を盛り上げようと市などが作った。今回の展示は市国際交流協会が主催した。

 昨年12月27日までの第1弾は「交流 A VOIR(仏語で「~を見る」)!」をテーマに、24枚を選んだ。締結当時や京都市の代表団がパリを訪問した様子、パリから贈られた市役所前のガス灯などを紹介した。

 1月6~30日の第2弾は「パリへ飛ぼう!」と題して、パリの名所巡りやフランスの航空会社エールフランスに関するポスターを展示する。

 企画した同協会のインターン生で京都大大学院に留学しているベトナム人のグェン・バン・フックさん(24)は「どちらも歴史があり文化的だ。両都市の交流にいろいろな可能性を感じる」と話している。

 月曜休館。祝日の1月14日は開館し、15日は休館する。