京都府警本部

京都府警本部

 知人女性にわいせつな行為をしたとして、京都府警監察官室は9日、運転免許試験課の50代の男性警部補を減給100分の10(6カ月)の懲戒処分にした。警部補は同日、依願退職した。

 府警によると、警部補は昨年12月6日、京都市内のホテルで知人の20代女性の体を触るなどのわいせつ行為をしたという。警部補は事実関係を認め、「女性が自分に好意を持っていると感じていた。大変申し訳ないことをした」と話しているという。
 府警監察官室は「調査を踏まえ、厳正に処分した。府民の信頼回復に全力で取り組む」とコメントした。