抗ウイルス効果のある溶剤を京都市に寄贈する渡守社長(左)=中京区・市役所

抗ウイルス効果のある溶剤を京都市に寄贈する渡守社長(左)=中京区・市役所

 京都市上京区のビルメンテナンス「都総合管理」が9日、抗ウイルスと抗菌に効果のある溶剤100リットルを市に寄贈した。市は児童養護施設や乳児院を運営する市内10法人に送り、新型コロナウイルスなどの感染症対策に役立ててもらう。

 感染拡大の影響で、市内の子ども支援施設などで消毒液が不足する事態を知り、同社が市に協力を申し出た。この日、同社の渡守仁社長が中京区の市役所を訪れて寄贈し、「(ウイルスや細菌の)不活性化の効果があり安全に使えるので、子どもたちの感染防止に使ってほしい」と話した。