4月の公演中止を決めたTHEATRE E9 KYOTO(京都市南区)

4月の公演中止を決めたTHEATRE E9 KYOTO(京都市南区)

無人劇を掲げて支援を呼びかける「THETRE E9 KYOTO」のホームページ

無人劇を掲げて支援を呼びかける「THETRE E9 KYOTO」のホームページ

 新型コロナウイルスの感染拡大で舞台公演の自粛ムードが強まるなか、京都市南区の小劇場「THEATRE E9 KYOTO」は、出演者も観客もいない「無人劇」と題した「公演」をホームページ上で発表した。1人3千円の「チケット代」をインターネットで決済してもらい、劇場の損失を埋める珍しい試みだ。

 「無人劇」は29日午後2時に「開演」するが、「作品のコンセプトの都合上、どなた様もご来場なされませぬようお願い申し上げます」と劇場に来ないことを求める。その代わりに「一度、大きく息をその場で吸ってもらう」ようお願いしている。「この状況なら、誰だって周りのことを考えながら息を吸うでしょう。今、この場でしかできない体験を味わうのが演劇なんです」と企画したE9の芸術監督あごうさとしさん。

 あごうさんは「公演が中止になっても、劇場が閉じたわけではない」と劇場を開き続けることにこだわった。そこで「何か演劇を」と考えて、生まれたアイデアが「無人劇」だった。

 劇場文化の定着を目指して昨年完成したばかりのE9にとっては、経済的な影響が大きい。4月、5月の公演は海外の出演者がいたことなどから、延期や中止を決めている。「苦しいのはお互いさま」とあごうさんは話している。