京都府は10日、オムロンヘルスケア(京都府向日市)から新型コロナウイルス対策用として、電子体温計200本の寄付を受けたと発表した。

 府は、無症状や軽症の感染者について宿泊施設での療養を計画している。体調管理に使う体温計の調達を同社に相談したところ、「協力したい」と寄付の申し入れがあった、という。8日に受け取った。
 療養は15日までに開始しようと準備を進めている。府健康福祉総務課は「有効活用し、感染拡大の防止に取り組んでいきたい」としている。