大木工藝が開発した酵素フィルター

大木工藝が開発した酵素フィルター

 炭素素材を手掛ける大木工藝(大津市)は、マスクに付けてウイルスの浸透を抑制する酵素フィルターを開発した。1枚で60日使える経済的なフィルターで100万枚を生産し、4月下旬に発売する。

 抗菌作用があり、ウイルスを包むたんぱく皮膜を溶解して無力化するとされる酵素を使ったフィルター。JIS規格の繊維製品の試験や、抗ウイルス試験などで効果ありと判断された。
 この酵素フィルターを、汚れや臭いを吸着する銀イオン入りの活性炭フィルターと2枚1組で組み合わせ、布マスクの内側に付けると最適という。
 60日使える酵素フィルター1枚と活性炭フィルター15枚入り(30日分)で1650円。別売りで活性炭フィルター15枚入り(550円)もある。