「京都宮津湾・伊根湾クラブ」が作製したモンサンミシェル湾との共同企画ポスター(宮津市柳縄手・市役所)

「京都宮津湾・伊根湾クラブ」が作製したモンサンミシェル湾との共同企画ポスター(宮津市柳縄手・市役所)

 「世界で最も美しい湾クラブ」に加盟する「京都宮津湾・伊根湾クラブ」は、昨年10月に姉妹湾協定を結んだフランスの「モンサンミシェル湾クラブ」との共同企画ポスターを作った。市内外の施設などに掲示し、双方の魅力をPRしている。

 ポスターには、世界遺産に登録されているモンサンミシェル湾と天橋立のある宮津湾の写真を並べ「祈りのたび、心癒やすたび。~海渡る参道~」というキャッチコピーを添えた。フランス語版も作り、現地で活用されるという。

 事務局を担う京都府宮津市の担当者は「世界的に有名なモンサンミシェル湾と巡礼地としての共通点を生かし、宮津湾や伊根湾の認知度を高めたい」と話す。

 B2判で200枚を作製。同じ図柄で裏面に両湾の紹介を加えたA4判チラシも近く発行する。