【香港共同】任天堂の「ニンテンドースイッチ」の人気ゲームソフト「あつまれ どうぶつの森」が10日、中国の通販サイト「淘宝(タオバオ)」から消えた。香港メディアが報じた。政治的理由が背景にあるとみられている。

 このゲームソフトは、プレーヤーが無人島に移住し、生活に必要な道具などを自由に手作りして遊ぶ内容。

 ゲーム内で「武漢肺炎」と書かれた紙の後ろに習近平国家主席とWHOのテドロス事務局長とみられる画像を遺影のように配した画像がツイッターで公開されている。新型コロナウイルス感染拡大を巡る習氏らへの批判とみられ、中国当局が問題視した可能性がある。