日本救急医学会と日本臨床救急医学会は11日までに、新型コロナウイルス感染症への対応で救急医療体制が危機的状況にあり、他の救急患者の治療に支障が出ていると指摘する声明を発表した。医療崩壊の最初の兆候は「救急医療体制の崩壊」だが、「これは私たちが既に実感している」と強調している。

 救急隊から依頼されても、発熱や呼吸器症状を訴える患者を受け入れる病院が少なくなっており、肺炎の疑いのある患者は救命救急センターで受け入れざるをえないと指摘。本来の重症救急患者の受け入れが難しく、心筋梗塞や脳卒中などの緊急を要する疾患の治療のタイミングを逃す恐れがあるとしている。