マスク不足を受け、手作りを含め布製マスクを着ける人が増えた。使う人が知っておきたい点を、感染症に詳しい谷口清州・国立病院機構三重病院臨床研究部長に聞いた。

 新型コロナウイルスは、せきなどの飛沫[ひまつ](しぶき)とそれへの接触で広がる。一般的な不織布(サージカル)マスクは、患者を看病するなど近くで飛沫を浴びるリスクがある際、一定の予防効果を発揮する。他方、布の目は粗いため布製マスクの予防効果は限定的と考えられる。「症状のある人からは1メートル以上離れた方がいい」と谷口さん。

 不織布マスクと共通の利点は、自分に症状があるときに飛沫の拡散を抑える、鼻や口を触りにくくする、気道を湿らせ異物を排除しやすくするなど。布製ならではの長所は洗濯して再利用できる点で、医療用のマスク不足を助長しないのもいい。

 ただ、どんなマスクも正しい装着が基本。鼻から顎の下までカバーし、顔とマスクの間に隙間がないように着けよう。