2018年の滋賀県内の交通事故死者数が39人にとどまり、1950年以来、68年ぶりに40人を下回ったことが4日、県警への取材で分かった。統計が残る48年以降で4番目に少なく、自動車が一般に普及していない終戦直後並みの水準で、県警は交通安全意識の向上などが理由とみている。

 飲酒運転が原因の死亡事故は、統計を取り始めた64年以降で初めてゼロになった。

 県警によると、交通事故死者数は50年に37人だったが、自動車の普及とともに増加し、69年に最多の255人を記録した。以降は減少傾向が続いていた。

 県警は、長期的な死者数減少の理由として、交通安全意識の向上▽自動車の安全技術の開発▽道路改良などハード面の整備▽事故分析の高度化による事故多発地点での集中的な対策-などが考えられる、としている。

 2017年の55人から大幅に減ったのは、二輪車の死亡事故が12件から1件に、出会い頭の死亡事故が9件から1件にそれぞれ減ったためで、ツーリング客への啓発や交差点での取り締まりなどが奏功した、という。

 死者数のうち、65歳以上の高齢者が20人で半数を超えた。自動車の運転手は15人、歩行者は12人だった。

 事故発生件数は4229件(前年比647件減)、重軽傷者は5372人(同806人減)。

 県警交通企画課は「引き続き、事故多発地点での安全対策や横断歩道の歩行者事故防止を進めたい」としている。