京都府庁

京都府庁

 京都府が要請した新型コロナウイルスの緊急事態宣言発令に政府が慎重姿勢を示す中、西脇隆俊知事は14日、「検討の俎上(そじょう)に載っていることは確認している」として今後も引き続き要望する意向を示した。
 西脇知事は、既に宣言が発令された東京都や大阪府など7都府県と同様に京都府も検討対象だったと強調。現在でも専門家会議などで注視されているとの認識を示し、「宣言を出してもらいたいという気持ちは変わらない」と訴えた。
 愛知県や岐阜県など独自の宣言を出す自治体が相次ぐことについて、西脇知事は「(国の宣言発令は)法的に私権の制限を伴う。それをお願いしたということは、独自の宣言よりも重い決断だ」と述べ、現時点で独自宣言は出さない考えを示した。