任天堂は14日、一時停止していた主力ゲーム機「ニンテンドースイッチ」と、携帯専用の「ニンテンドースイッチ ライト」の国内向け出荷を再開すると明らかにした。再開は約1週間ぶり。新型コロナウイルスの感染拡大による外出自粛の影響で需要が膨らみ、供給が間に合っていなかった。

 自社サイトの「マイニンテンドーストア」では15日から予約を受け付け、4月下旬~5月中旬の配送を予定している。大手家電量販店では品薄の状況が続いている。

 任天堂は中国の委託先の工場でスイッチの多くを生産しているが、世界的な感染拡大の影響で通常の生産体制に戻っていないという。