ASEANと日中韓の首脳らによるテレビ会議に出席した安倍首相=14日午後、首相官邸(内閣広報室提供)

 ASEANと日中韓の首脳らによるテレビ会議に出席した安倍首相=14日午後、首相官邸(内閣広報室提供)

 安倍晋三首相は14日、東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日中韓)の首脳らによるテレビ会議に出席した。各国は新型コロナウイルスの世界的な感染拡大防止に向け、早期の治療薬開発の重要性で一致。首相は「ASEAN感染症対策センター」の設立を提案し、各国から賛同を得た。会議後、官邸で記者団に明らかにした。

 首相は会議で「強固な連携の上に国境を越えて感染が拡大していくウイルスと対峙すべきだ」と強調。複数の首脳から、日本によるコロナへの効果が期待されるインフルエンザ薬「アビガン」の無償提供計画に謝意を伝えられ、首相はアビガンの臨床研究を拡大すると説明した。