朝日に光る、ポリバケツの水に張った薄氷(15日午前7時、京都市左京区花背別所町)

朝日に光る、ポリバケツの水に張った薄氷(15日午前7時、京都市左京区花背別所町)

 京滋各地は15日朝、内陸部を中心に花冷えとなり、京都市左京区の山間部ではバケツに氷が張った。

 大阪管区気象台によると、最低気温は滋賀県甲賀市信楽町で氷点下1・5度、京都府南丹市園部町で0・6度、京都市中京区で5・2度となり、平年を約4~5度も下回った。上空の寒気に加え、よく晴れて放射冷却現象が起こったため、冷え込んだという。

 京都市左京区花背別所町では、水が入ったバケツなどに薄氷が張った。標高600メートルの山里は、ようやくサクラが咲き始めたところだったが、冬に逆戻りしたような冷気に覆われた。