手にとってめくりそうになる「辞書」の帖地さんのストーンアート

手にとってめくりそうになる「辞書」の帖地さんのストーンアート

帖地さんの作品たち

帖地さんの作品たち

石に命を吹き込む帖地孝人さん(京都府南丹市美山町)

石に命を吹き込む帖地孝人さん(京都府南丹市美山町)

 拾ってきた石を動物や辞書、列車にも変身させてしまう「ストーンアート」を、30年近く続けている男性が京都府南丹市美山町にいる。ネイチャーガイド帖地(ちょうち)孝人さん(65)で、石に命を吹き込むことで生き物や物の心が分かるようになるという。

 美山町に移り住んできた30年ほど前、河原を散歩している時にネコが寝そべっているような石を発見したことから、帖地さんのストーンアート人生は始まる。後日、頭になる石も見つけて、アクリル絵の具で石のイメージ通りにトラネコに仕上げた。

 以来、フクロウやハシビロコウ、ナマズ、カボチャ、ピーマンなどの動植物だけでなく、友人から依頼されて懐かしい列車や車なども次々と制作。自身が長年使ってきた辞書を描いた作品は、大抵の人が手に取ってめくろうとするほどの出来栄えだ。

 これらの作品を知った大手食品財団の要請で全国各地で教室を開催したり、講師をしていた日本動植物専門学院京都校で授業に取り入れたりしてきた。地元のイベントにも招かれて子どもらに手ほどきをしている。

 「石に向き合うと、何に表現してほしいのかが分かり、見えていなかったものが見えてくる」と資源生物科学の博士でもある帖地さん。その心を知って命を吹き込むうちに本質が見えてくるのだという。「心を探す旅ですかね」。これからも多くの人たちにその楽しさを伝えていきたいとしている。