ウェブ会議システムで会見する京都府立医大付属病院の夜久病院長(右)と京大付属病院の宮本病院長(京都市内)

ウェブ会議システムで会見する京都府立医大付属病院の夜久病院長(右)と京大付属病院の宮本病院長(京都市内)

 新型コロナウイルスの院内感染を防ぐためPCR検査の適用拡大を求める共同声明を、京都大医学部付属病院と京都府立医科大付属病院が15日発表した。

 共同声明では手術や分娩(ぶんべん)、救急医療などの医療関係者への感染リスクの高い医療行為の際には無症候の患者でも保険適用や公費でPCR検査をできるようにする必要があると指摘。さらにPCR検査に必要な個人防護具や試薬の確保を求め、ほかの医療機関も同様の声明を出してほしいと訴えている。