舞鶴海上保安部が入る合同庁舎

舞鶴海上保安部が入る合同庁舎

 15日午前10時20分ごろ、京都府舞鶴市長浜の沖合にある釣り用いかだで「午前6時に降ろした釣り客がいなくなった」と、同市の渡船業者の男性が舞鶴海上保安部に通報した。同部が捜索したところ、兵庫県猪名川町の男性(68)が現場近くの海上に浮かんでいるのを巡視艇が発見し、救出したが死亡が確認された。