山元 龍三郎氏(やまもと・りょうざぶろう=京都大名誉教授、気候変動)7日午前11時18分、老衰のため京都市下京区の病院で死去、92歳。京都府出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は妻貞子(ていこ)さん。

 気象学・気候変動論の発展に貢献し、日本気象学会理事長を務めた。