経済産業省は15日、品薄が続くアルコール消毒液の代用品として、台所用洗剤や除菌ウエットティッシュなどが新型コロナウイルス消毒に有効な可能性が高いと発表した。主にテーブルなどの身の回り品が対象で、手足は原則として適用外。有効性をさらに細かく評価するため、今後実験を行う。需要急増のアルコール消毒液に代わる有効な手段を示し、国民の不安解消につなげる狙い。

 SARSなどの研究結果や論文から、台所用洗剤の洗浄成分「界面活性剤」と、塩酸と食塩水を電気分解した「次亜塩素酸水」、除菌ウエットティッシュに含まれる「第4級アンモニウム塩」が有効な可能性が高いと判断した。