【ブリュッセル共同】ベルギー政府は15日、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐための外出制限を5月3日まで延長すると発表した。ベルギーは人口10万人当たりの死者数が世界最悪レベルだが、ウィルメス首相は記者会見で、新規入院者はピーク時の半分になったと指摘。制限の効果が出ていると訴えた。

 人口1千万人程度の小国だが、4月15日までの死者が4440人と多い点について、首相は感染死の「疑いが強い」場合も死者数に含めるなど「最大限の透明性」のある情報公開をしているためだと強調した。

 5月上旬以降は段階的な外出制限緩和を検討する。