投球練習する巨人の沢村=川崎市のジャイアンツ球場(球団提供)

 投球練習する巨人の沢村=川崎市のジャイアンツ球場(球団提供)

 巨人の沢村拓一投手が16日、川崎市のジャイアンツ球場で、新型コロナウイルス感染予防のため報道陣に非公開で行われた自主練習に参加し、ブルペンで投球した。球団広報を通じて「全体的に強いボールが投げられている」と振り返った。

 昨季は主に中継ぎで43試合に投げて2勝2敗1セーブを挙げた。今春はキャンプ途中でインフルエンザに感染してファームに降格。出遅れたがオープン戦で3試合に登板するなど調整を重ねている。10年目の今季も救援陣の一角として期待されている。「試合に入っていける準備は常にして、トレーニングを選択し、継続していきたい」と話した。