与謝野町内を運行する路線バスについて見直しの方針が話し合われた町地域公共交通会議(京都府与謝野町岩滝・岩滝保健センター)

与謝野町内を運行する路線バスについて見直しの方針が話し合われた町地域公共交通会議(京都府与謝野町岩滝・岩滝保健センター)

 京都府与謝野町地域公共交通会議がこのほど、同町岩滝の岩滝保健センターであった。路線バス3路線の見直し方針やコミュニティバスの運行日の変更案が示され、自治体や事業者、住民などの委員約20人が話し合った。

 町担当者が利用状況を説明し「生産性が非常に悪い」という与謝線、福知山線、病院線の見直しを提案した。与謝線と福知山線はどちらかの路線を廃止する案と一部区間を委託する案を出した。病院線は路線を短縮する案と廃止して地域内交通を充実させる案を提示した。

 2路線で週3日ずつ運行する町営の「コミュニティバスひまわり」は4月から週2日ずつの運行へ変更する案を説明した。

 委員からは「路線バスの見直しは他の市とも議論してほしい」「ひまわりの運行日を4月から変更するのは早急だ」などの意見が出た。町は再検討し、2月に開く予定の次回会議で再提案する。