松井一郎大阪市長は17日、市役所で記者団に対し、新型コロナウイルスの感染者対応に当たっている医療者従事者を支援するため、1日当たり4千円の手当を支給する考えを示した。市立総合医療センターや市立十三市民病院の医師や看護師らを想定。民間の医療機関従事者は対象外という。

 両病院の医療関係者が周辺のホテルなどで宿泊した際、費用を市が負担する方針も表明。休息時間の確保や同居する家族に感染させる不安を解消するのが狙い。

 また、不足する防護服の代替品として雨がっぱの提供を呼び掛けていたが、松井氏は申し出が多数寄せられており、寄付の受け付けは中止すると明らかにした。