京都府庁

京都府庁

 京都府教育委員会は17日、新型コロナウイルス特措法に基づく緊急事態宣言を受け、府北部で学校を再開している丹後、中丹両通学圏の府立高、同付属中、特別支援学校を21日から5月6日まで休校にすると発表した。感染拡大傾向がないため再開していた北部の5市2町も小中学校、幼稚園を5月6日まで休校すると決めた。

 府立学校については、すでに休校中の府立高などで週1日程度実施してきた登校日を取りやめる。代わりに「登校可能日」を設定し、感染防止のため人数を調整した上で希望する生徒の質問や相談に対応する。

 今後、インターネットを活用した学習動画の視聴や遠隔指導などを順次図る。教職員も交代制で在宅勤務を実施する。

 府内の市町教委にも府立校を参考に対応するよう求め、福知山、舞鶴、綾部、宮津、京丹後の5市は21日から、伊根、与謝野の両町は22日からの休校を決定した。