京都府教育委員会は、2017年度の府指定文化財を紹介する冊子「守り育てようみんなの文化財」を発行した。建造物や美術工芸品など新たに指定した30件分の特色や来歴をひもといている。

 室町時代ごろに建立された宇治神社末社春日社本殿(宇治市)、酬恩庵(京田辺市)を開いた一休宗純の自賛画といった新規指定のほか、保存修理した文化財も取り上げている。

 年1回発行し、今回で36冊目。17年度創設の府暫定登録文化財1016件の一覧表も付けた。A4判、600部。京都市上京区の府庁などで無料配布している。