水面から頭を出し愛くるしい姿を見せるイルカ(京都府宮津市杉末)

水面から頭を出し愛くるしい姿を見せるイルカ(京都府宮津市杉末)

天橋立をバックに湾内を泳ぐイルカの群れ(京都府宮津市杉末)

天橋立をバックに湾内を泳ぐイルカの群れ(京都府宮津市杉末)

 京都府宮津市の市街地に近い海に17日午後4時ごろ、6頭ほどのイルカの群れが現れた。1時間以上にわたって湾内を泳ぎ回り、集まった人々を魅了した。

 イルカの群れは時折ジャンプをしたり、背泳ぎのように腹を見せながら泳ぐなど悠々と過ごし、岸から10メートルまで近づくこともあり、見物人から歓声が上がった。
 海沿いを散歩していた同市川向の男性(92)は「長く住んでいるが、こんなに近くまで来るのを見たのは初めて」と話していた。
 京都府海洋センターによると、春にはたびたびカタクチイワシを追ってやって来るが、湾奥まで入って来るのは珍しいという。