滋賀県栗東市教育委員会は18日、市立小学校の女性教諭が家庭訪問中、児童69人分の名前や住所が書かれた名簿を紛失したと発表した。

 市教委によると、5年生2クラスの名簿。17日午前11時ごろ、新型コロナウイルス感染症対策で休校している間の宿題などを配るため、教諭が児童の家庭を回っていたところ、持っていた名簿をなくしたという。市教委は「再発防止に努める」としている。